切り絵師 清葉

切り絵師 清葉

2009年より独学でカッターによる切り絵を開始。
2011年11月より代官山ギャラリーアートラッシュ登録作家として本格的に活動を開始。
アートラッシュ企画展での展示販売を精力的に行いつつ、グループ展では湘南猫の家美術館、銀座オッテギャラリーなどで活動。カルチャーセンターでの講師経験もあり。
以降原宿銀時本店、銀座ヴァニラ画廊等で常設展示販売。
2013年には文化庁主催国際切り絵コンクールにて山梨県知事賞を受賞し、その作品は切り絵の森美術館収蔵となっている。同年には蒼山日菜氏からの誘いをうけ、ラトビア日本大使館にて初の海外展示、2014年に再び蒼山氏からの誘いにより一畑百貨店でのグループ展に参加。
作品の「間」や古風になりすぎない「和」を意識しつつ、自身の痛みに向き合いながら切り絵での癒しを制作している。

このカテゴリーには商品がありません。